渋谷のクリニックで虫歯予防

渋谷の予防歯科クリニックでは、毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまうという相談を多数受け付けています。

虫歯は口の中の細菌が原因の感染症なので細菌の塊であるプラークを取り除くプラークコントロールが基本なのですが、渋谷の予防歯科クリニックでは虫歯発生のメカニズムから丁寧に説明しています。



口の中には種類も数も膨大な細菌がいますが、その中のある種類の細菌は飲食で口の中に入ってくる糖分を使って増殖しながら酸を出すものがいます。

現時点で最高の渋谷の内科について分かりやすくまとめてあります。

歯の表面は酸にとても弱いという性質があり、この酸で歯の表面が溶けてしまうのが虫歯です。

歯があって細菌が存在し、糖分を摂取すると酸が作られるので歯の表面は食事の度に溶け出しています。

しかし、食後に唾液がたくさん分泌されることで細菌の出す酸が中和され、また歯の表面から溶け出したカルシウムなどのミネラル分が唾液の働きで補充されて修復されます。

渋谷の予防歯科クリニックでは、このメカニズムにもとづいて溶け出した歯の表面を唾液が修復する時間を確保するための指導をしています。


食事の時に酸が作られて歯の表面が溶け出しても、唾液による修復の時間が十分あればむし歯として進行しないからです。

渋谷の予防歯科クリニックでは、食事をしたら丁寧な歯磨きで細菌の塊や糖分を取り除き、唾液がしっかり歯の表面を修復できるように次の飲食までは十分な時間をあけることをドバイスしています。



また渋谷の予防歯科クリニックでは、唾液による歯の修復作用を促進する作用のあるフッ素も予防に取り入れています。